ペスカタリアンは魚を食べる菜食?ベジタリアンとの違いと流行の裏側

サーモンと野菜で料理

海外のセレブたちや外国人観光客に多い、ベジタリアンやビーガンなどの菜食主義者。

私たち日本人にはちょっと理解しがたい食生活でも、海外では菜食主義者人口が増加し続けていて、様々な”〇〇タリアン”が注目を集めています。

そんなタリアン界隈で最近話題となっているのが、”ペスカタリアン(Pescatarian)”と呼ばれる食生活です。

ペスカタリアンの人たちは魚を食べるため、厳密には”菜食”ではないのですが、その実践のしやすさからも、今後は日本でもペスカタリアン人口が増えていくでしょう。

そこで今回は、世界中で実践者が増加中の”ペスカタリアニズム”について、解説します。

ペスカタリアンの基礎知識

ヘルシーなマグロ丼

日本では、ベジタリアンやビーガン、マクロビオティックなどの言葉はそこそこ有名ですが、「ペスカタリアン」という言葉を聞いたことがある人はそれほど多くないかと思います。

この聞きなれないペスカタリアン(ペスクタリアン)を簡単に説明すると、「お肉は食べないけれど、お魚は食べる」という食のスタイルです。

ペスカタリアンでもペスクタリアンでも正解

この「肉NG魚OK」な食生活には、2種類の発音があります。

  • ペスカタリアン(Pescatarian)
  • ペスクタリアン(Pescetarian)

一つ目のペスカタリアンと発音する人の方が比較的多いですが、どちらが間違っているというわけではなく、どちらを使っても問題ありません。

思い出せない時はペスカトーレ

聞きなれない名前ですので、「あの魚しか食べないやつなんだっけ?」となりがちですが、そんな時はペスカトーレを思い出しましょう。

「ペスカトーレ」と聞くと、シーフードが色々入ったスパゲッティーが頭に浮かぶと思いますが、そのペスカトーレの”ペスカ(Pesca)”とは、魚介類のことを意味していて、ペスカタリアンの”ペスカ”と同じです。

ペスカタリアンという単語が出てこない時は、”ペスカトーレ”から連想しましょう。

肉は全く食べないペスカタリアン

魚介類が食べられるため、ベジタリアンなどに比べると料理のバリエーションもかなり増えるペスカタリアンですが、お肉に関する厳格さはベジタリアンやビーガンと全く同じです。

牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉、鹿肉、クジラ肉、イルカ肉など、いかなる種類であっても口にしませんし、それらの肉と一緒に調理したり、出汁をとったりした料理も食べません。

哺乳類と鳥類は食べない

「クジラもシーフードじゃ?…」と思った方もいると思いますが、ペスカタリアンは、陸に生息していようと海に生息していようと関係なく、”哺乳類”を食べません。

イルカやクジラは哺乳類ですので、海に住んでいても、ペスカタリアンの食べられないリストに入ります。

また、鶏肉や鴨肉などの鳥類は哺乳類ではありませんが、ペスカタリアンはそれらの肉も食べません。

魚介類はなんでもOKなペスカタリアン

魚市場

一方、魚介類はなんでもOKなので、マグロや鮭などの魚らしい魚から、エビやカニなどの甲殻類、牡蠣やアワビなどの貝類など、様々な海の幸を使用可能です。

もちろん、日本食には欠かせない”カツオ出汁”も、ペスカタリアンでは使用することができます。

魚から出汁も取れないベジタリアンやビーガンと比較し、ペスカタリアン料理のバリエーションはかなり幅広くなります。

ペスカタリアンとベジタリアンの違い

基本的に、肉以外のものはなんでも食べることができるペスカタリアンですが、ここで、魚や卵、乳製品まで制限することもあるベジタリアンやビーガンとの比較を見てみましょう。

カテゴリー 牛乳 鶏卵 蜂蜜
ペスカタリアン ×
ベジタリアン × ×
ビーガン × × × × ×

卵や乳を食べない例外も

上の表の通り「肉以外OK」が基本のペスカタリアンですが、ペスカタリアンの中にも稀に卵や乳製品を食べない人がいます。

健康上の理由から卵や乳製品の摂取を避けている可能性があるので、ペスカタリアンのゲストをおもてなしたりする際には、念のため、卵と乳製品のアリ・ナシを聞いておくと、より一層安心です。

ペスカタリアンが魚を食べる理由

ベジタリアンやビーガンより実践するのも簡単で人気のペスカタリアンですが、「なぜ肉はダメで、魚はいいのか」と疑問に思う方もいるでしょう。

何でも食べる人からすると、「食べる・食べない」の境界線はいささか理解しがたいものですが、ペスカタリアンはいくつかの判断基準を元に「肉は食べず、魚は食べる」という決断をしています。

代表的なのは、

  1. 魚は身体に必要と考える
  2. 畜産は環境に悪いと考える
  3. ベジタリアン実践は難しすぎると考える
  4. 魚には痛覚がないと考える

の4つで、これらを知っているとペスカタリアンたちの思考がなんとなく見えてくるかと思います。

理由1. 魚は身体に必要と考える

サーモンのお刺身

ペスカタリアンの実践者に最も多いのは、「魚は健康に良いから食べるべき」と考えるタイプの人たちです。

そのようなペスカタリアンの多くは健康状態を向上させるために、主要タンパク源として高タンパク低脂質な魚を摂取したり、魚介類に含まれるオメガ3脂肪酸(DHAやEPA)が健康に欠かせないとして、積極的に取り入れています。

ビーガンとオメガ3脂肪酸に関する記事はこちら

「身体に良いなら食べる」というスタンス

このタイプのペスカタリアンは基本的に、「身体に良いか悪いか」という尺度だけで、食べる・食べないを判断していて、「体に良い」となれば基本何でも食べます。

また、このタイプは魚が生き物であるかどうかなどの動物愛護的な視点も重要ではありません。

それでも肉を食べない理由は?

「では、なぜ肉はダメなの?」と疑問を持つ方も多いと思いますが、このタイプのペスカタリアンは、お肉は健康を害するものだと認識しています。

欧米では有名な話ですが、WHO(世界保健機関)では肉が発がん性物質にリストアップされていますし、お肉などに含まれる動物性の脂は、心臓病や脳卒中などの疾患のリスクを高めるということは、医学的にも認められています。

肉は身体に悪く、魚は身体に良い

このような背景から、「肉は健康に悪く、魚は健康に良い」と考え、ペスカタリアンを実践している人は相当数います。

動物愛護的なイメージもある”◯◯タリアン”ですが、「健康向上」が唯一の動機であるパターンも多いことを知っておきましょう。

卵を食べないペスカタリアンも

また、健康への影響を懸念してペスカタリアンを実践している人の中には、卵や乳製品の摂取を控えている人が比較的多くなります。

卵にはコレステロールが、乳にはエストロゲンなどのホルモンも含まれており、これらの健康被害を懸念して食生活から排除する、卵・乳なしペスカタリアンもいます。

理由2. 畜産は環境に悪いと考える

畜産のために山を切り崩す森林伐採

ペスカタリアンで次に多いのが、畜産による環境破壊への危惧を理由とする人々です。

あまりピンと来ないかもしれませんが、畜産(お肉を生産する過程)は、車よりも多くの温室効果ガスを排出し、大量の水を消費し、森林伐採の主要因ともなっている巨大産業です。

見えないところで温暖化を引き起こす畜産

地球温暖化は私たちに人類にとって最も大きな環境問題の一つですが、その原因となる温室効果ガスは畜産からも大量に排出されています。

車の排気ガスばかりが注目を集めていますが、意外なことに、車やトラック、飛行機や船など全ての交通機関を合わせるよりも、お肉の生産過程から出る温室効果ガスの方が多いのです。

人間由来の総温室効果ガスの51%が畜産から出ているとした研究もあり、地球温暖化の防止策の一つとして、「お肉を食べない」という生活を選ぶ人もいます。

広大な土地と水を必要とする畜産

また、家畜を育てるためには広大な土地と大量の水が使われています。

家畜たちは、全人類75億人の何倍もの食料と水を消費しているのですが、その飼料生産による自然破壊も重大な問題となっています。

畜産業だけで既に地球上の1/3もの森林が消滅していて、これらの環境破壊に寄与したくないという動機でお肉を口にしない人もいます。

漁業による環境破壊は限定的と考える

環境保全が動機のペスカタリアンが「お魚だけはOK」と判断する背景には、魚介類の生産過程からは畜産ほど温室効果ガスが出ていないことがあります。

もちろん、自然界の魚の数は激減していて、海の生態系が崩壊しているのは間違いありませんが、「環境へのインパクトはお肉ほどではない」ということを理由に魚はよしとしているケースがあります。

理由3. ベジタリアンは難しすぎると考える

悲しそうに俯く女性

ペスカタリアンの実践者には、「ベジタリアンやビーガンは難しすぎるけど、ペスカタリアンならできる」と考えているパターンも多いです。

お分かりの通り、ベジタリアンやビーガンと比べて、魚介類を使えるだけで料理のバリエーションは相当増えますし、外食なども格段にしやすくなります。

実践ハードルが低いペスカタリアン

ペスカタリアンの中には、健康や環境保全、動物愛護などの観点から、ベジタリアンやビーガンを理想と考えている人も多いです。

ただ、ビーガンのような厳格な制限によって「友達と外食に行ったが何も食べれなかった」などの辛い経験をしたり、生活の不便さから「魚介類だけは良しとしよう」と考え、ペスカタリアンに落ち着くケースがあります。

菜食へのステップとしてのペスカタリアンも

米国の有名歌手のニーヨ(Ne-Yo)はビーガンとしても有名なのですが、彼はビーガンを実践する前にペスカタリアンを数年間実践していました。

お肉もお魚も普通に食べていた生活から一気にどちらも排除するのは大変ですが、ペスカタリアンであれば日常生活に与える影響が比較的少なくて済みます。

ビーガンやベジタリアンに興味のある人にとって、そこへ向かう第一ステップとしてペスカタリアンが採用されることは珍しくありません。

理由4. 魚には痛覚がないと考える

可愛い顔の魚
動物愛護的な切り口から菜食を実践する人にとっては、その生き物が「痛みを感じるか否か」は、食べる・食べないを決める上で重要なファクターとなっています。

牛や豚などの哺乳類は、犬や猫と同様に「痛み」や「感情」もある生き物ですが、魚介類に関しては「痛覚が存在しない」という見解も存在します。

「痛みがなければ食べられる」という理論

「魚介類にも人間同様に痛覚がある」という研究結果も近年発表されていますが、その一方で「魚には痛覚がない」と主張する研究者もいます。

どちらが正しいかということはさておき、動物愛護的観点から食を制限する人の中には、後者の情報を元に「動物はかわいそうだけど、痛みを感じない魚であれば…」と、魚介類だけは食生活に取り入れたペスカタリアンを実践しているケースもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベジタリアンやビーガン、マクロビなどの比べるとあまり聞きなれないペスカタリアンですが、その実践のしやすさを理由に、世界中でペスカタリアン人口は増加傾向にあります。

また、日本にやってくる外国人には、母国ではビーガンやペスカタリアンを実践していても、「せっかく日本に来たので、本場の寿司だけは食べてみたい」と、期間限定でペスカタリアンとして観光を楽しむ人もいます。

「ペスカタリアン」という言葉は今後日本でも必ず浸透してきますので、実際に自分は実践しなくとも、頭に入れておけばきっとどこかで役立つでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。