ヴィーガンの有名人は誰?ローラや海老蔵も噂のベジタリアン芸能人40選

サラダを食べるヴィーガンセレブリティ

いま世界中で急増している、ヴィーガンやベジタリアンなどの菜食主義者。

海外では数多くの著名人もヴィーガニズムを実践を公言しており、アリアナ・グランデやポール・マッカートニー、ナタリー・ポートマンなども有名どころ。

日本では「ちょっと変な人がやるもの」なんて印象も強い菜食主義ですが、よくテレビで見かける芸能人の中に意外な隠れ菜食主義者も?

最新情報に基き、日本国内外の菜食主義者有名人たちを一挙にご紹介します。

そもそもヴィーガンって何?

アメリカやイギリスなどの欧米諸国を中心に、急激な人口増加を見せるヴィーガンやベジタリアン。

海外では、セレブなどの有名人が菜食主義者を公言するケースも多く、この流行を後押しする要因の一つともなっています。

日本では、スポンサーの関係等もあって公言されることが少ない菜食主義ですが、ヴィーガンやベジタリアンであるとされる有名人は以下の22人です。

記事中盤でそれぞれの有名人についても掘り下げていきますが、まずはヴィーガンやベジタリアンとは一体何なのか、簡単におさらいしておきます。

動物性の食品を口にしない菜食主義

ヴィーガンやベジタリアンなどの菜食主義をざっと一言で表すと、動物性の食べ物を口にしない食生活のことです。

牛肉や鶏肉、豚肉などの肉類に加え、お刺身などの魚介類も「動物性」ですので、菜食主義者はこれらを食べません。

穀類や豆類、野菜などの植物性食材が中心となるため、健康への影響も噂される食生活です。

ヴィーガンとベジタリアンの違い

一口に菜食主義と言っても、「食べるもの/食べないもの」の線引きにはいくつかパターンがあり、その違いによってヴィーガンとベジタリアンの2通り分けられます。

ヴィーガンとベジタリアンの食べる、食べないの違いを簡単に比較すると、下の表のようになります。

カテゴリー 蜂蜜
ベジタリアン × ×
ヴィーガン × × × × ×

※ ◯は食べる食材、×は食べない食材

お肉やお魚を食べない点はどちらも共通ですが、ヴィーガンはさらに乳製品・卵・蜂蜜も口にしない、より厳格な菜食主義です。

多岐に渡る菜食主義の分類

あまり言葉の定義にこだわる必要は無いと思いますが、菜食主義を更に細分化して、カテゴライズすることもできます。

  • ヴィーガン
  • ベジタリアン
  • ローヴィーガン
  • ラクト・ベジタリアン
  • オヴォ・ベジタリアン
  • ペスカタリアン
  • フレキシタリアン

細かい違いや定義については別記事を読んでいただければと思いますが、それぞれに「食べる/食べない」線引きラインが異なります。

魚OKな、ゆる系ベジタリアンも?

多岐に渡る菜食主義ですが、この中でも最近特に注目を集めているのが、ペスカタリアンフレキシタリアンと呼ばれるものです。

このふたつ、どちらも広義の菜食主義に分類できる食生活なのですが、制限がとてもゆるく、いま最も実践者が増えている種類です。

具体的に特徴を書くと、次のようになります。

  • フレキシタリアン:意識的に動物性食品を減らすだけで、お肉も魚も食べる
  • ベジタリアン:お肉は食べないが、魚は食べる

「あれもダメ、これもダメ」と、制約が多いイメージのベジタリアンですが、ペスカタリアンとフレキシタリアンはハードルが低く、比較的簡単に実践できる菜食主義です。

※ どちらも厳密には日本語の「菜食主義」に当てはまりませんが、学術論文等ではフレキシタリアンはセミ・ベジタリアン(Semi-vegetarian)、ペスカタリアンはペスコ・ベジタリアン(Pesco-vegetarian)のように、ベジタリアンの一種として扱われます。

食べ物以外におけるヴィーガン

菜食主義という名の通り、ヴィーガンやベジタリアンは基本的には食生活に関する概念です。

しかし、動物愛護的な価値観に基づいて実践する菜食主義では、「ヴィーガン」という言葉を食以外にも当てはめて使うことがあります。

ヴィーガンレザーやヴィーガンコスメ

動物愛護的なヴィーガンの基本は「動物を極力使わない」という姿勢ですので、例えば革靴やお財布などの革製品、動物の毛皮を使ったコートなどを身に付けないこともあります。

また、動物実験を経て開発された化粧品や美容製品を使用せず、「動物実験なし」のマークがついた商品しか買わない人たちもいます。

ファッションにおいて革などの動物由来の素材を使わないものはヴィーガンファッション(ヴィーガンレザー、ヴィーガンファー)、動物実験をしていない化粧品などはヴィーガンコスメとも呼ばれ、食以外にも幅広く適用可能な言葉がヴィーガンです。

動機や目的によって多種多様な菜食

ガチッと厳格にルールが決められているかと思いきや、意外にも定義や実践方法は人それぞれな菜食主義。

動物愛護や健康意識、さらには環境問題など、動機も多岐に渡りますので、どんなことをきっかけに始めるのか、気になる方はこちらの記事もチェックしてください。

ヴィーガン・ベジタリアン有名人一覧

ではここからはお待ちかね、菜食主義の有名人たちをご紹介します。

市川海老蔵(歌舞伎役者)

まず最初にご紹介するのは、誰もが知る歌舞伎俳優、市川海老蔵さんです。

ゴツいイメージもあり、いかにも肉を食べていそうにも見える海老蔵さんですが、過去に数年間、動物性の食べ物を口にしない食生活を送っていたことが知られています(本人ブログ)。

健康改善と憧れが動機?

海老蔵さんが菜食主義であることを初めて公言したのは2009年頃で、少なくとも2015年までの約6年間は、何らかの菜食主義を実践していたことが伺えます。

最初に公になったのは報知新聞でのインタビューで、その中で「ダ・ビンチとかピカソとか、尊敬する人にどうも菜食が多い」とし、「前年(2008年)の秋からベジタリアン」と発言したようです。

この言葉から、海老蔵さんの菜食主義実践の背景には、自信が憧れを描く偉人の影響があったと推察できます。

ブログでもベジタリアンを発信

その後、一部のベジタリアン界隈の人たちを除いて、それほど話題にならなかった海老蔵さんのベジタリアン生活ですが、2012年の雑誌イベントの際にも「ベジタリアンです」と発言しています(元記事)。

また、2015年には自らで執筆する市川海老蔵ブログでも、「最近菜食主義より」というタイトルで記事を投稿しています。

既にベジタリアンをやめている?

少なくとも数年前まではベジタリアンであったことが確認できますが、最近ではテレビ番組でも普通にお肉を食べていたり、ブログにも高級和牛の写真をアップしていたりと、2020年現在はベジタリアンではないことが伺えます。

ただ、日々口にするものの大切さには常に関心があるようで、ツイッターでは最近以下のような内容をツイートしています。

この文章が意味するところは本人にしかわかりませんが、ベジタリアンである/ないに関わらず、常に深く考えながら、日々の食事と向き合っているのではないかと感じとれます。

ソニン(歌手・俳優)

ここ数年はテレビで見かけることは少ないかもしれませんが、今は舞台を中心に活躍しているソニンさんも菜食主義者として知られています。

最近はメディアのインタビューで「ヴィーガン8年目」と公言したり、Twitterにもヴィーガングルメをアップしたりと、情報発信にも積極的です。

きっかけは舞台のパフォーマンス向上?

ソニンさん本人のブログ記事によると、2009年の「ヘンリー六世」という舞台に挑んだ際、身体を軽くし、演技の質を高めるために菜食を始めたとのこと。

初めは当時流行していたマクロビオティックと呼ばれる菜食主義を取り入れたそうですが、その後のブログでは自身の食生活をベジタリアンと呼んでいます。

最近ベジタリアンからヴィーガンに?

2011年頃からブログでベジタリアンであることを発信し初めているソニンさんですが、Yahooニュースでも話題になった2020年の取材では、8年もの間、乳製品や卵も食べないヴィーガンであると話しています。

Twitterでも数年前からヴィーガン料理をポストしていたりと、どこかのタイミングでベジタリアンからヴィーガンに変わったようです。

おはようサタデーモーニン。
久しぶりにパンケークス作った。
グルテン少なめの勿論ヴィーガン。

本人Twitter原文まま、2018年2月3日)

健康的な体づくりのための菜食実践?

動物愛護的なイメージの強いヴィーガンですが、ソニンさん自身の発信から考えると、彼女自身はあくまで「健康的な身体づくり」というのが菜食主義実践の主な動機のようです。

「食から作られる我々」というタイトルでのブログなどもある一方で、革製品に関する言及は見受けられず、あくまで健康に主眼を置き、食に限定して制限をかけるダイエタリー・ヴィーガンであると推察できます。

※ ダイエタリー・ヴィーガン、エンバイロメンタル・ヴィーガン、エシカル・ヴィーガンなどの違いはこちらの記事で。

ローラ(モデル・タレント)

一昔前はおとぼけ風なキャラで、タレントとして大活躍していたローラさんですが、今や海外でもモデルとして有名な存在。

そんなローラさんも、ごく最近になって菜食主義者であることを公言した著名人の一人です。

お肉を食べない理由は環境問題?

2019年には「自分はヴィーガンではない」とツイートしていたローラさんですが、翌2020年になって「お肉を一年間食べていない」とインスタグラムに投稿しています。

また、日本では動物愛護集団のように捉えられがちなヴィーガンですが、ローラさんのヴィーガン実践理由は環境問題とのこと。

海外では環境問題解決への手段としても菜食主義は注目されており、さすが、アメリカを拠点とするローラさんならではの考えですね。

ヴィーガン以前からフレキシタリアン?

「お肉が与える環境へのダメージの大きさ」を理由に、2019年に肉食をやめたと発言したローラさんですが、以前からSNS上での発信を元に、ローラさんはヴィーガンだという噂が広まっていました。

実際には、自身のツイートからもわかるように「ヴィーガンの食事をたくさん取り入れた食生活」、すなわちフレキシタリアンを実践していたようで、前々から環境問題や食への興味は強かったのものと推察できます。

※ 環境問題が動機の疑似肉、ビヨンドミートに関する記事はこちら。

現在も「お肉を食べていない」という発言にとどめており、ローラさんが乳製品や卵も食べないヴィーガンであるか否かは不明となっています。

独自のスタイルを貫くローラさんにとっては、ヴィーガンやベジタリアンなどの細かい定義やルールは不要かもしれませんね。

ブルゾンちえみ(俳優・元お笑いタレント)

この投稿をInstagramで見る

#グミガール

SHIORI FUJIWARA(@shiori_f83)がシェアした投稿 –

「35億ネタ」を武器に一世を風靡した、元お笑いタレントの藤原史織さん(元ブルゾンちえみさん)も、菜食主義者であることをSNSで発信している有名人の一人です。

最近のインタビュー記事によると、厳密にはお肉は食べないがお魚は食べるペスカタリアンを実践しているようですが、広義の菜食主義の実践者と言えます。

動物愛護な価値観が背景に?

BuzzFeedの取材では、2018年に「アミ 小さな宇宙人」という本を読んだことが、肉食をやめるきっかけだったと語っています。

きっかけは、『アミ 小さな宇宙人』という本でした。肉食はダメだと言っているわけじゃないけど、それを読んだ時に、なんかお肉を食べることに対して罪悪感が湧いたんですよね。スッキリした気持ちで食べられなくなっちゃって。

BuzzFeed記事原文まま)

この「アミ 小さな宇宙人」という本の中では、肉食が「罪なき者を殺す残酷な行い」という視点から描かれているため、藤原さんがお肉をやめた背景には、動物福祉や倫理観などが関わっているのではないかと想像できます。

環境問題にも興味あり?

元ブルゾンちえみの藤原さんは、他にも自身のTwitter上で、菜食主義者であることについて投稿しています。

お魚は食べるようなので正確にはヴィーガンにもベジタリアンにも当てはまりませんが、「お肉を食べない」という食生活を送る中で、同じように周りから冷たい反応をされたり、生きずらさを感じる場面もあるようです。

また、インタビューの中ではお肉を食べないことだけでなく、リサイクルや節電、節水についても語っていて、環境問題への意識も高いことが伺えます。

小藪千豊(お笑い芸人)

テレビ番組にも引っ張りだこで、吉本新喜劇では座長も務めるお笑い芸人の小藪千豊(こやぶ かずとよ)さんも、お肉を食べない菜食主義者として有名な一人。

番組内でもお肉を食べないことをネタにしていたりと、小藪さんの食生活は多くの人に知られていますが、幼少期からお肉を食べないご家庭で育ったようです。

宗教的(仏教)の思想が関係?

1973年生まれで現在50歳近い小藪さんですが、TSUTAYAのインタビュー記事では、おじい様が自然食品の商売をしていた関係からお肉ほぼゼロで生き、子供の頃から玄米や酵素を取り入れた健康食を食べていたと語っています。

また、現在は仏教に対する思いも熱いようで、「お釈迦さま」がタイトルに入ったイベントを主催するなど、思想を仕事にも活かしています。

この投稿をInstagramで見る

4月7日 日曜日 夜9時からカウントダウンして12時すぎで終わり 渋谷の道玄坂のビジョン クラブでパーリー #4月8日 #花まつり #お釈迦さんの誕生日 #カウントダウンしよ #DJで盛り上がって一切皆苦と叫ぼう #クリスマスもいいけど花まつりもね #カップルはお寺にいこー #だいたいのお寺で花まつりやってるよ #イベントは前の日の7日 #花まつりイブだよ #知り合いはガンガン来い #甘茶ハイ飲みまくれ #ケンカやナンパ、痴漢や泥棒のないパーティ目指します #詳しくはは渋谷のビジョンまで連絡をm(_ _)m イープラスで発売やて

小籔千豊(吉本新喜劇)(@koyabukazutoyo_shinkigeki)がシェアした投稿 –

ただ、仏教に対する思いが強くなったのは大人になってからのようで、宗教がお肉を食べないことに直接的に影響しているかは不明です。

もしかすると、幼少期に家族から教わった価値観と仏教の思想との間に、何か共通点があったのかもしれませんね。

小藪さんは魚を食べるペスカタリアン

ベジタリアンとして知られる小藪さんですが、SNSにはホタルイカやとろろ卵ぶっかけうどんの写真をアップしていたり、テレビ番組で「マクドナルドで何食べるの?」と聞かれ「フィレオフィッシュあるやん!」と返答していたりと、魚介類は食べることも公言しています。

魚介類を食べる食生活も広義のベジタリアンとして捉えることが可能ですが、厳密には小藪さんの食生活はペスカタリアンや、ノン・ミートイーター(お肉だけ食べない人)などに分類することができるでしょう。

杉本彩(俳優・タレント)

グラビアアイドルとして活躍し、現在は動物愛護活動家としての顔を持つ杉本彩さんも、菜食主義者であると噂される芸能人です。

「セクシーな俳優さん」というイメージしか持っていない方も多いかと思いますが、動物環境・福祉協会Evaという公益財団法人の理事長を務めていたり、動物愛護の啓発運動に精力的に取り組んでいます(本人ブログより)。

熱心な動物愛護活動家の一面も?

2019年のインタビューでは、ペットビジネスを「動物をモノ(商品)としか見ていない利益第一主義」と痛烈に批判していたり、犬猫を中心とした動物への思いがとても強いことが見て取れます。

こうした価値観はもちろん食にも影響しているようで、インスタグラムでは自身のことをネオ・ベジタリアンと呼んでいます。

お魚も卵もチーズも好きな私はヴィーガンではないけれど、時々は完全に動物性を抜いてヴィーガン料理を楽しむネオベジタリアンなスタイルを心がけています(^_-)
ベルリンの友人と一緒に作ったヴィーガンディナー🍴赤カブのスープ、ベビーリーフとアボカドのサラダ、ヴィーガンコルドンブルー

Instagramコメント原文まま)

動物愛護の思想が強い杉本彩さんですが、お魚や卵、チーズなどが好きとも投稿していて、動物性の食べ物を口にすることから正確にはヴィーガンには当てはまりません。

ご自身ではネオ・ベジタリアンと表現していますが、杉本さんの食生活は、海外でも流行しているフレキシタリアン(動物性の食品を意識的に減らすスタイル)にカテゴライズできるものでしょう。

松井玲奈(俳優・タレント・元SKE48)

SKE48のメンバーとしても人気を博し、2015年の卒業後は俳優として活躍する松井玲奈さんも、ベジタリアンの有名人として知られています。

ダウンタウンさんのテレビ番組で初めて菜食主義を公言し、牛、豚、鶏いずれのお肉も口にしない食生活を送っていると考えられています。

アレルギーでお肉が食べれない?

宗教的背景や思想も気になる松井玲奈さんですが、お肉を食べないベジタリアン生活を送る理由はアレルギーであると、自身のTwitterで公言しています。

牛肉を食べてみたところアレルギー反応と胸焼けを起こしてしまったと投稿しており、食べたくても食べられない体質的な事情があるようです。

お肉のアレルギーは乳製品や卵などのアレルギーと比較するとマイナーで、あまり耳にしたことがない人も多いかと思いますが、α-gal(アルファ・ガル)というお肉特有の炭水化物にアレルギー反応を起こしていると考えられています(論文)。

魚介類好きペスカタリアンな松井玲奈さん

松井玲奈さんがベジタリアンである背景には宗教や思想が見受けられず、基本的には身体の反応次第で食べる/食べないを判断しているものと推察できます。

実際に自身のTwitter上でも「イクラとウニがいいね」と発言していたり、魚介類は好んで食べていることも伺えます。

将来的にアレルギーを克服できればお肉を食べる可能性もありますが、現状で松井玲奈さんの食生活はペスカタリアンやノン・ミートイーターと呼ぶことができるかもしれません。

紀里谷和明(映画監督・作家)

映画CASSHERN(キャシャーン)やGOEMONで監督を務め、2015年にはハリウッド進出も果たした映画監督の紀里谷和明(きりや かずあき)さんも、ベジタリアンとして知られる著名人の一人です。

紀里谷さんは宇多田ヒカルさんの元夫としても有名ですが、独自の思想を持っていることでも知られ、現在はアメリカの人里離れた山奥で生活しているとTwitterにも投稿しています(本人ツイート

紀里谷和明はジャイナ教信者?

日本映画を批判したことで国内映画界から干された人物、とも称される紀里谷さんですが、かなり前からベジタリアンであるようで、自身のTwitterでも2012年、ファンの質問に以下のように返答しています。

過去にテレビでもベジタリアンであることを公言している紀里谷さんですが、「なかなか浸透しないね」という言葉からわかるように、ファンの間でも菜食主義者であることを知らない人も少なくないようです。

根菜も食べないこともツイート

そんな紀里谷さんはTwitterで「根菜も食べない」ということにも言及しています。

お肉だけでなく根菜も食べないという特徴は、調べてみるとインド発祥のジャイナ教の思想と一致していて、紀里谷さんの思想はジャイナ教に近い部分があることも推察できます。

ちなみに厳格なジャイナ教徒の場合、土を掘り起こして小生物を殺すことを避けるために根菜を食べないようです(国土交通省資料)。

紀里谷さんがジャイナ教と関連があるかは全く不明ではありますが、本人の「生命に対する価値観」が、ベジタリアンを実践する背景にあるように伺えます。

ベッキー(タレント)

誰もが知るタレントのベッキーさんも、菜食主義者であることが噂されている芸能人です。

週刊文春の不倫報道により、以前の高感度タレントのイメージは薄れてしまいましたが、2019年には元プロ野球選手の片岡治大さんとめでたくご結婚もされ、現在も多くのメディアで活躍中です。

毛皮反対で動物愛護が理由?

ベッキーさんがヴィーガンであるとする噂は、2009年の雑誌特集がきっかけだと言われています。

大手女性ファッション雑誌のnon-no(ノンノ)でベッキーさんの私服特集が組まれ、そこで以下のようにコメントしています。

黒・ドクロ・ファー禁止!それがおしゃれmyルール。ファー禁止は動物が好きだから。フェイクファーはOKだけど、リアルファーは原則として身につけないようにしています。

(non-no 2009年1月号 原文まま)

ヴィーガンファッションだけでお肉は食べる?

毛皮反対(ファー禁止)という姿勢から、食生活もヴィーガンだと思われがちなベッキーさんですが、SNSの投稿からは食べ物に関しては特に制限をしていないことが伺えます。

2019年の仕事納めには焼肉に行ったことを自身のInstagramに投稿していて、他にもたこ焼きやお好み焼き、アイスなどの写真がアップされています。

ただ、下記のインタビューでは現在は乳製品を控えていることや、毎週届くお野菜の定期便を利用していることにも言及しています。

朝はいつもお味噌汁に納豆キムチ、そしてサラダを食べ、最近はアボカドユッケにもハマっているとも話していて、普段から健康を意識した植物性を多く取り入れた食生活を送っていることが伺えます。

実際のところ、どの程度お肉を食べているかは分かりませんが、ベッキーさんの食生活はフレキシタリアンと呼べるかもしれません。

横峯さくら(プロゴルファー)

渋野日向子さんやアン・シネさんなどが注目を集める女子ゴルフ界ですが、2000年代に大ブレイクした横峯さくら選手も菜食主義を実践する有名人の一人です。

十代の頃から注目を集め、お父さんがコーチやキャディーを務めたことでも話題となりましたが、2020年には35歳となり、第一子のご懐妊も自身のInstagramで公表しています。

コンディションのためにヴィーガン?

横峯さんの全盛期とも言える2009年のインタビューでは、数年前から食事は栄養士に作ってもらっているとし、「1年間疲れない体づくりに気を付けて、玄米を主食に、野菜中心のメニュー」だと語っています。

また、2006年の日刊スポーツの記事でも「肉や魚を取らない菜食主義に変えた」と書かれていて、お父さまの良郎さんの「食生活にしたことでバテなくなり、調子が上向いた」とのコメントも掲載されています。

植物中心の食生活だけどお魚は食べる?

栄養士による徹底した栄養管理の甲斐もあり、2009年に賞金女王にも輝いた横峯さんですが、玄米や野菜中心の食生活を送る中でもお魚は適度に取り入れていたとも話しています(本人インタビュー記事)。

魚介類を口にするため完全な菜食主義ではありませんが、今で言うペスカタリアンやフレキシタリアンに当てはまる食生活を送っていたと言えるでしょう。

最近は栄養学も進み、運動パフォーマンス向上を目的に菜食主義を実践するトップアスリートも増えてきていますが、10年以上前からこうした食生活を取り入れていたとは驚きですね。

横峯さくらの現在はなんでも食べる

ただ、あくまで最高のゴルフパフォーマンスを発揮するために菜食主義を実践していたようで、第一線から退いている現在の横峯さんはインスタでステーキやもつ鍋について投稿しています。

健康に気を配りながらも最近は特に「肉禁止」などの制限はかけていないことが伺えます。

庵野秀明(アニメーター・映画監督)

あの「新世紀エヴァンゲリオン」の作者としても有名なアニメーター、庵野秀明(あんの ひであき)さんもベジタリアンとして知られる有名人です。

他にも「トップをねらえ!」「ふしぎの海のナディア」など、数々の大ヒットアニメ作品を生み出してきた庵野さんですが、映画シン・ゴジラや実写版キューティーハニーで監督を務めるなど、映画監督としても活躍しています。

気持ち悪くて動物が食べれない?

世間一般では偏食家としても有名で、基本的にお肉やお魚などの動くものが食べられないと、メディアで語っています。

スタジオジブリ取締役の鈴木敏夫さんがMCを務めるラジオ、ジブリ汗まみれ(TOKYO FM)に出演した際には、鈴木さんに「魚や肉、動くものが食べられないのに動くものを描き続ける人」と紹介されています(実際のラジオ「庵野秀明さんがれんが屋へ!」)。

「可愛いから」とか「愛おしいから」のような動物愛護的な感覚ではなく、単にお肉やお魚が「死体にしか見えない」ということが、庵野さんが動物を食べない理由なようです。

庵野さん本人と似た登場人物も

「生き物を食べる」ということに対する違和感は作品にまで表れていて、例えばエヴァンゲリオンの綾波レイもお肉が嫌いな設定だったり、ふしぎの海のナディアの主人公もベジタリアンとして描かれています。

また、動物性の食材であっても卵などは食べられるようで、ラジオでは「お寿司屋さんでカッパ巻きと卵ばかり食べている」というエピソードが出てきています。

菜食主義者であることには変わりありませんが、卵を口にする庵野さんの食生活はヴィーガンではなくベジタリアンと言えるでしょう。

中田敦彦(お笑いタレント・YouTuber)

お笑いコンビ、オリエンタルラジオのメンバーで、パーフェクト・ヒューマンとしても有名な中田敦彦さん(オリラジあっちゃん)も、最近ヴィーガン宣言したことで話題になっています。

中田さんのYouTubeチャンネル、「中田敦彦のYouTube大学」のフォロワー数は300万人を超えていて、現在はお笑い芸人としてだけでなくYouTuberとしても大活躍しています。

健康のためにヴィーガン開始?

そんなオリラジあっちゃんですが、2020年9月にヴィーガン解説動画をアップし、環境問題など様々な側面からヴィーガンについて語っています。

上の動画は、レオナルド・ディカプリオも制作に携わり、現在はNetflixで日本からも視聴可能なドキュメンタリー、カウスピラシー(Cowspiracy)に出てくる情報をギュッとまとめたような内容となっています。

ヴィーガンについてはこの記事でオリラジあっちゃんより更に詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

1日1食しか食べないヴィーガン生活?

その後サブチャンネル「モーニングルーティーン」でアップされたYouTube動画では、中田さんが「1日1食しか食べないヴィーガン生活」を始めたことについて話しています。

また、相方の藤森さんと一緒に出演するオリエンタルラジオのYouTubeチャンネルでもヴィーガン実践背景について話していて、スティーブ・ジョブズをはじめ「ITで成功した人はヴィーガンが多い」ということから興味を持ったことや、工業(大量生産の)畜産の問題点、動物福祉的な側面についても触れています。

健康が動機でヴィーガン実践中

YouTubeでは、環境問題や動物福祉、倫理観など様々な要素にも触れながら、「正直僕はそこまで優しい人ではないから」と、あくまで自身の健康のためにヴィーガンを始めたとしています。

また、WHO(世界保健機関)で加工肉が発がん性物質に指定されていることなどにも言及し、「自分の体によくないという実感で選んだ」と話しています。

ヴィーガンで健康に暮らすためには様々な栄養素に注意が必要ですが、好奇心旺盛なオリラジあっちゃんさんは、自分自身の体を使って色々と試してみているようですね。

吉川ひなの(モデル・タレント)

1990年代から2000年代にかけてテレビでも活躍した、モデルの吉川ひなのさんも、ヴィーガンであると噂される芸能人の一人です。

現在は2児の母としてロサンゼルスを拠点に生活し、子供服ブランドをプロデュースするなどして活躍しています。

自称ナチュラリストの自然派?

2020年現在もAmebaブログは更新中の吉川ひなのさんですが、「ナチュラリスト」というタイトルで記事を投稿して自家製調味料を披露するなど、自然派な食生活を送っていることが伺えます(本人ブログ)。

また、2013年には「お肉、乳製品、卵を食べないことにハマっている」と投稿したり、お肉を使わずにお肉っぽい料理を作るレシピ本、「モドキ菜食レシピ」を紹介(本人ブログ)。

これらを元にして、「吉川さんはヴィーガン」という認識が広がっています。

ヴィーガンは既に辞めた?

しかし、2019年のブログでは「ヴィーガンでもベジタリアンでもなく、お魚もお肉も有り難く頂いています」と投稿していて、過去に一時的にベジタリアンやヴィーガンだった可能性はありますが、現在は菜食主義者ではないようです(本人ブログ記事)。

ただ、最近のブログでも、牛乳も小麦粉不使用のバナナパンケーキを披露するなど、吉川さんは現在もフレキシタリアン(動物性少なめ)か、小麦粉を食べないグルテンフリーダイエットなどを取り入れていると考えられます。

イルカ(歌手)

1970年代にフォークシンガーとして活躍したイルカさんも、菜食主義者として知られる有名人です。

「なごり雪」が大ヒットし、現在も数多くのアーティストがカバーするなど、昭和を代表する名曲のひとつとなっています。

動物が大好きでベジタリアンに?

長きに渡り菜食主義を実践していることで知られるイルカさんですが、2012年に自身のオフィシャルサイト上で、ベジタリアンでありながら黒柳徹子さんと焼肉屋に行ったエピソードをアップしています(本人公式サイト)。

2018年のインタビューでは、動物好きの性格から「大人になったらベジタリアンになりたいと思っていた」などと、下記のように発言しています。

私は昭和25年生まれなので、親は栄養を考えて肉、肉って時代だったので、子供の頃から好き嫌いはまったく無かったんです。ただ、生き物が大好きだったので、大人になったら動物を食べないで生きてゆきたいな、と思ってましたね。

(インタビュー本文まま)

現在70歳近いイルカさんですが、20歳を過ぎたあたりから菜食主義を実践していることが伺え、オーガニック食材などにもこだわりがあると話しています(本人インタビュー記事)。

卵や乳製品に関する言及がないためイルカさんがヴィーガンなのかベジタリアンなのかはわかりませんが、50年近くも植物性中心の食生活を送り、現在もお元気に活動されています。

中野サンプラザくん(ミュージシャン)

スキンヘッドとサングラスが特徴のミュージシャン、中野サンプラザくん(元サンプラザ中野)さんも、ヴィーガンとして知られる芸能人のひとりです。

1982年結成の爆風スランプ(バンド)でも主にボーカルで活躍し、「走るー走るー、俺ーたーちー」のメロディーが印象的なRunnerは大ヒットを記録しました。

10年間かけてヴィーガンに?

2019年6月に放送されたフジテレビのノンストップ!という番組で、中野サンプラザくんさんのヴィーガン生活が取り上げられていて、その中で現在は卵、肉、魚などを食べないヴィーガンだとしています。

自身のインスタグラムでも、度々ヴィーガン料理の写真を投稿しています。

20年以上前からベジタリアン

また、2006年に中野さんが寄稿したメルマガに以下のように書いていて、遅くても1995年あたりからなんらかのベジタリアンを実践していたことが伺えます。

去年から完璧なベジタリアンを目指しているのだ。その前10年くらいも「ポゥヨゥ・ベジタリアン」だった。これは肉の中で鶏肉だけは食べる、そして魚も食べるベジタリアンのこと。肉は一切食べないけど魚は食べる人は「フィッシュ・ベジタリアン」。

メルマガ文章まま)

文中にはお肉をやめてから体調が良いことや、「身体に興味のある人、どう?」と読者に投げかけていることから、中野サンプラザくんさんの菜食実践の動機は健康であると考えられます。

ちなみに中野さんが昔実践していたポゥヨゥ・ベジタリアン(ポーヨー・ベジタリアン)は、動物性の中では鶏肉と鶏卵のみ口にする食生活で、牛肉など赤肉の健康への悪影響を懸念して実践されることが多いベジタリアンの一種です。

白石阿島(プロスポーツクライマー)

この投稿をInstagramで見る

Visited Vermont for the 1st time.it was beautiful. photo: @ben__bouchard

Ashima Shiraishi(@ashimashiraishi)がシェアした投稿 –

野口啓代(のぐち あきよ)選手や伊藤ふたば選手など、日本人に世界トップクラスの選手が多いスポーツクライミング(ボルダリング)。

そんな日本クライミング界での活躍が期待され、ヴィーガンを実践していることでも知られる選手が白石阿島(しらいし あしま)さんです。

動物愛護なヴィーガンアスリート?

まだ19歳の白石選手ですが、2018年11月に自身のインスタグラムで「ヴィーガンになった」と写真付きで投稿しています。

この投稿をInstagramで見る

Treated myself on my rest day I normally don’t talk about this.. but I wanted to share that I have recently become #vegan I decided to go on a plant based diet 2 months ago for environmental and ethical reason cuz I love animals (shoutout to @theellenshow And Cowspiracy for inspiring me). BUT I was not expecting the incredible health benefits in the past, I always dismissed the fact that eliminating animal products could genuinely change how you feel as a person. I feel HAPPIER and stronger from the change. Increase of energy and #glowyskin is a plus‍♀️ Each person can have a different experience but I’ve noticed my performance climbing go up :)) it also feels good to be helping the Earth reverse climate change and water shortages i was afraid of having meat/ fish cravings if I went vegan but I’ve had no issue w that even though I’m living in Tokyo! I have to admit , it sometimes is difficult to find vegan options when eating out… @HappyCow has been v helpful for me :)). If you’re considering it, give it a shot:)) i know this is a controversial topic and I respect the choices that every individual makes about their eating habits Lets help the world around us!(These were vegan pancakes / smoothie from a cute cafe in Harajuku) .

Ashima Shiraishi(@ashimashiraishi)がシェアした投稿 –

投稿の中では “cuz I love animals”(なぜなら動物が大好きだから)と書かれていて、動物への思いがヴィーガンの動機であったことが伺えます。

また、アメリカで知らない人はいないテレビ司会者、エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)がヴィーガンであることや、ドキュメンタリーのカウスピラシー(Cowspiracy)からも、インスピレーションを受けたとコメントしています。

海外で増えるヴィーガンアスリート

日本代表としての出場資格を持つ白石選手ですが、現在ニューヨークを拠点に生活しており、アメリカとの二重国籍を持っているとされています。

食事が命とも言えるプロスポーツ選手にとって、食生活の変化にはナーバスになりそうな気もしますが、アメリカにはヴィーガンを実践しながら第一線で活躍するアスリートも多数。

米国で暮らす中で、そうした周りの状況も白石選手のヴィーガン実践を後押ししたのかもしれません。

未来リナ(モデル)

この投稿をInstagramで見る

A little bit of hair style change for the winter by @naoyoshii ❄️☃️ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー How are you all doing?? みんな元気にしていますか 天気の変化も多くて体調崩しやすい時期かもしれないけれど、良質な栄養しっかりとってとにかく身体を芯からあたためて、新鮮な空気と自然の中を歩いて、 毎日沢山たっっくさん笑ってください✨ あなたの毎日が本物の幸せと健康で満たされていますうに I really hope you all are having a good health and peaceful days with lots of laughs and happiness ✨ Love, xx

未来リナ(Lina Mirai)(@lina3336)がシェアした投稿 –

俳優として活躍する城田優さんの妹で、東京ガールズコレクションのモデルも務める未来リナ(元LINA)さんも、ヴィーガンとして有名な著名人です。

知名度は未だそれほど高くない未来さんですが、ヴィーガンライフスタイルを全面に押し出した芸能活動が特徴的です。

摂食障害がヴィーガンのきっかけ?

本人インタビューでは、お母さまの母国であるスペインに住んでいた時期にヴィーガンを始めたと語っています(本人インタビュー)。

インタビューによると、未来さんは以前摂食障害だったそうで、その頃SNS上でたまたま見つけた「美味しそう」と思える料理がヴィーガンだったと話しています。

ヴィーガンを始めてからは健康状態も回復したようで、現在は自身のインスタグラム上で美味しそうにヴィーガンピザを食べる様子や、ヴィーガンレシピなどを投稿しています。

この投稿をInstagramで見る

The other night…🌹🍕💃 ⁣ #veganpizza ⁣

未来リナ(Lina Mirai)(@lina3336)がシェアした投稿 –

自身のヴィーガンカフェもプロデュース

そんな未来さんは、2019年11月に表参道にオープンした「u omotesando」という完全植物性のヴィーガンカフェもプロデュースしています(期間限定で現在は閉店)。

u omotesandoにはソニンさんやお兄さまの城田優さんも来店し話題となりましたが、翌2020年には自身のヴィーガンレシピ本も出版するなど、ヴィーガンを全面に押し出して活動しています。

その他ヴィーガンと噂される芸能人

総勢17名の菜食主義有名人(元菜食主義者を含む)を紹介してきましたが、この他にもヴィーガンやベジタリアンではないかと噂される著名人は多々います。

ここからは、上記17人以外でヴィーガンが噂されている有名人5人を簡単にご紹介します。

  • 中谷美紀(俳優)
  • マツコ・デラックス(タレント)
  • 加藤綾子(アナウンサー)
  • 水川あさみ(俳優)
  • ハリセンボン春菜(お笑いタレント)

中谷美紀(俳優)

俳優の中谷美紀さんは、ヴィーガンを実践して体調を崩し、ヴィーガンを辞めたことで有名です。

2015年に出演したテレビ番組内で、インドへの旅行をきっかけにヴィーガンになったようで、「6年間お肉を食べない生活を送っていた」と発言しています(記事)。

結果的に体調を崩してヴィーガンを辞めたようですが、「お肉を抜いただけ」の食生活では特定の栄養素が不足しやすいのは当然です*。

菜食を健康的に実践するには、栄養面で細心の注意が必要であることが改めて世に知れ渡るきっかけとなった事象と言えます。

※ヴィーガンが要注意の7つの栄養素について詳細はこちらの記事で

マツコ・デラックス(タレント)

数々の冠番組も持ち、不動の人気を誇るタレントのマツコ・デラックスさんも、ヴィーガンなのでは?と噂されています。

2017年のテレビ番組内で「獣を感じるのが苦手」と語り、牛などのお肉が食べられないことに言及しています(記事)。

他の番組では「鶏肉は大丈夫」との発言もあるようですが、特有の獣臭や肉肉しい食感など、「味」を理由にお肉をあまり食べない食生活を送っているようです。

ただ、ピザのCMに出演していることからチーズなどは食べられるようで、フレキシタリアン、もしくはノンミートイーター的な食生活であると推察できます。

加藤綾子(アナウンサー)

元フジテレビで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する加藤綾子さんも、ベジタリアンが噂されている有名人です。

「週刊誌記者による”噂”レベル」として書かれている情報によると、お肉を食べると蕁麻疹などのアレルギーが出てしまうとのことで、上でご紹介した元SKE48の松井玲奈さんと似た体質であることが推察できます(記事)。

ただ、加藤綾子さん本人のインスタグラムでは最近豚肉料理の写真が投稿されていて、現在加藤さんがベジタリアンに当てはまる食生活をしているかは不明です。

加藤さんのウィキペディアには「幼少期から様々な食物アレルギーがあり、現在も肉アレルギーは残っている(女性セブン2016年12月1日号)」との記載がありますが、現在は肉アレルギーを克服している可能性も考えられるでしょう。

水川あさみ(俳優)

数々のドラマや映画に出演し、2019年には俳優の窪田正孝さんとご結婚されたことでも知られる水川あさみさんも、ヴィーガンが噂されている有名人の一人です。

インスタグラムでの活動にも積極的で、現在フォロワーは200万人を超える水川あさみさんですが、2020年にインスタのストーリーにアップしたある投稿により菜食主義者であるとの情報が広まりました。

下のTwitterは、ヴィーガン男子としても知られるダンテさん(YouTuber・インフルエンサー)がスクリーンショットしたものですが、水川さん本人が「ドミニオン(Dominion)」や「健康って何?(WHAT THE HEALTH)」など、菜食推奨系のドキュメンタリーをオススメする文章をアップしています。

この情報だけで「水川あさみはヴィーガン」と言い切れるものではありませんが、環境や健康への意識が強いことが伺え、なんらかの菜食主義を実践している可能性は考えられるでしょう。

ハリセンボン春菜(お笑いタレント)

お笑いコンビ、ハリセンボンの春菜さんも、ここ最近になって「ヴィーガンを始めたのでは」と言われている芸能人です。

本人のブログで料理を投稿することが多いハリセンボンはるなさんですが、2020年5月のブログ記事で「今日は新しいこと始動しましたよ。」と書き、大豆ミートで作った麻婆豆腐を披露しています。

この投稿以降、本物のお肉を使った料理は一度も投稿しない一方で、大豆ミートなどの疑似肉を使った肉もどき料理を複数回アップしています。

2020年9月27日のブログで「煮込みハンバーグ」を披露していますが、ベジタリアンを公言している「キャンベルさんから教わったレシピ」としており、疑似肉を使ったベジタリアン対応レシピであることが推察できます。

他にも有名シェフ、鳥羽周作さんの「やさいレシピのおすそわけ」というレシピ本を紹介したりと、野菜の料理が中心の食生活を送っていることが伺えます。

ただし、20年5月以降も海鮮弁当やエビチリなどの写真もアップしていることから、現在の春菜さんは魚介類は避けないベジタリアン、ペスカタリアンを実践している可能性が考えられます。

海外の有名ヴィーガンセレブ一覧

ここまでは日本で活躍する有名人の中から、ヴィーガンやベジタリアンの可能性がある方々をご紹介してきましたが、最後に海外もチェックしてみます。

いつからヴィーガンなのかや、ヴィーガンを実践する動機などの詳細は別記事で深堀りしますが、日本でも有名な海外著名人に絞ると以下のような方々がいます。

  • ポール・マッカートニー(歌手)
  • アリアナ・グランデ(歌手)
  • ナタリー・ポートマン(俳優)
  • アーノルド・シュワルツェネッガー(元ボディービルダー)
  • カール・ルイス(元陸上選手)
  • マドンナ(歌手)
  • マイリー・サイラス(歌手)
  • ホアキン・フェニックス(俳優)
  • ベネディクト・カンバーバッチ(俳優)
  • ビル・クリントン(元米大統領)
  • ピーター・ディンクレイジ(俳優)
  • カイリー・アービン(NBA選手)
  • マイク・タイソン(元格闘技選手)
  • ジェームズ・キャメロン(映画監督)
  • アル・ゴア(元米副大統領)
  • ルイス・ハミルトン(F1レーサー)
  • ニーヨ(歌手)
  • ビヨンセ(歌手)

この他にも菜食主義者として有名な海外セレブは多数存在しますが、日本でよく知られている人だけに絞っても20人近くいます。

また、信憑性の低い情報まで含めると、レオナルド・ディカプリオやブラット・ピットなども度々ベジタリアンだと噂される海外セレブです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「菜食主義」と一口に言っても、その定義や解釈は人によって様々ですが、広義の菜食主義で捉えてみると、毎日のようにメディアで見かける有名人にも意外に菜食主義が多いことが見えてきます。

また、今回ご紹介した方々のように、自分自身を菜食主義者だと認識していなくても、ベジタリアン的視点で捉えれば実はペスカタリアンやフレキシタリアンだった、なんて方も少なくないかもしれません。

皆さんも、ここに出てきた有名人のライフスタイルを参考に、自分の価値観や体質に合った食生活を見つけてみてはいかがでしょうか。